横浜の巻き爪専門サロン アイペディ 横浜駅きた西口から徒歩6分です。

巻き爪の原因のひとつに、靴下による圧迫があります。

「家に帰ったら、まずストッキングを脱ぐ」
巻き爪で痛い思いをされている女性は、そんな経験をお持ちではありませんか?

足に良いとされる機能を有したものも、靴下・ストッキングなど、きつ過ぎるものは、指先を圧迫して巻き爪の原因になる場合もあります。

ストッキング・タイツ

特にサポート力の強いものは、ストッキングを着用したときに指先に少し余裕をもたせて履く工夫をしてみてください。指先が緩くなったタイプのストッキングも今ありますので、そういうものを選んでいただくのが良いと思います。

機能性・弾性ストッキング

ふくらはぎの血液の循環をサポートし、静脈瘤やエコノミークラス症候群の予防にも良いとされている弾性ストッキング等も、巻き爪の場合は履き方によっては、痛みを引き起こしてしまいます。
巻き爪の傾向がある、既に巻き爪が痛い場合は特に、指先に余裕のあるもの・指先の無いタイプのものなどを選ばれると良いですね。

5本指ソックス

外反母趾、開帳足、偏平足、等の方、浮き趾気味の方などにも有効の、足のアーチ形成に良いとされる機能がある5本指ソックス。当店でもオススメすることがあり、とても良い機能のものがあります。しかし、5本の指先部分を全て生地で覆うことから、足の指の横幅にボリュームが出ること、痛い部分の足趾(そくし)の圧迫にもつながるため、巻き爪傾向の方や、既に痛いという時に履くことで悪化させてしまう場合があります。

巻き爪が痛くならないように予防するためには、キツイものは、避けて指先にゆとりのあるものがベストですね。

横浜|足の専門サロン|アイペディでは、
弾性ストッキングや5本指ソックスは、まず巻き爪の痛みが無くなり、爪の変形・カーブ(湾曲)が改善してから必要な場合にオススメをしています。

 巻き爪の原因 連載

1.巻き爪は遺伝するのか?

2.深爪に注意!

3.靴の選択と履き方

4.靴下による圧迫

5.急激な体重の増加