横浜巻き爪専門サロンアイペディ 横浜駅きた西口から徒歩6分です。

巻き爪の原因~深爪はNG

  • 足の爪が伸びてくると、痛いから切る。
  • 足の親指が、痛くて伸ばせない。
  • 病院で巻き爪の治療・ワイヤー矯正をしたかったのだが、伸ばさないとワイヤーが出来ないと言われた。

当店にお越しのお客様で最も多い、辛かったことのひとつが、
”痛くて伸ばせなかった” という経験です。
私も、同じように深爪をしていたので、その気持ちよくわかります。

 

巻き爪や陥入爪の大きな原因である

『深爪の習慣』

深爪をすることで、爪の巻き込み、湾曲を引き起こすのはどうしてなのか? 下の巻き爪の写真で解説いたします。

①  爪の両脇部分が痛いので、切り込みをいれてしまう。

両脇を切りすぎた深爪の例、巻き爪の原因のひとつ

両脇を切りすぎた深爪、巻き爪の原因

②  このように、爪の両脇を深く切ってしまうと、両脇の爪のない部分(爪の押さえの無い部分)の肉は歩行によって上方に押し上げられます。

巻き爪の原因 両脇の盛り上がった皮膚

巻き爪の原因 両脇の盛り上がった皮膚

①  その盛り上がった肉(皮膚)が、下から伸びてくる爪の進行方向をじゃまするため、湾曲し変形爪、巻き爪となっていくのです。

爪の成長方向にある隆起で、巻き爪に

爪の成長方向にある隆起で、巻き爪に

 

④  全体的に短く深爪にして、両端の爪は切りきれず、残ったまま棘のような形になってしまうこともあります。(下の写真の赤いライン参照)

赤いライン爪棘あり NG 青いラインが理想

赤いライン爪棘あり NG
青いラインが理想

更に、切り残した爪が棘の様に残ってしまい、爪が伸びると共に皮膚の中で指先方向に爪棘がささり、皮膚を傷つけたりして痛みが増加してしまいます。また、化膿したり炎症を起こしたりすることもありますので、そうなった場合は皮膚科などへの受診治療が必要となってきます。

そのように、悪化してしまう前に正しい爪切りをしていく必要がありますね ^^

では、どのような形に整えるのが良いのでしょうか?

正しい足の爪の切り方(基本)は、

  • 爪の両端を深く切りすぎない
  • 長さは指と同じくらいが理想
  • スクエアオフ (四角い形で角を少しだけ丸く)
赤いライン爪棘あり NG 青いラインが理想

赤いライン爪棘あり NG
青いラインが理想

上の写真のブルーのラインで示したような形に整えるようにしましょう。(これは、少し短めです。)

短く切りすぎて、痛くなった場合
自分では、もう限界という方もいらっしゃるでしょう。
その場合は、短くてもB/Sスパンゲというプレート方があります。

湾曲を持ち上げ矯正することで、痛みが軽減し理想的な形に爪を伸ばして整えていくことが可能です。

Before 痛くて深爪を繰り返し

Before
痛くて深爪を繰り返し

 

After プレート装着5ヶ月後

After
プレート装着5ヶ月後

 巻き爪の原因 連載

1.巻き爪は遺伝するのか?

2.深爪に注意!

3.靴の選択と履き方

4.靴下による圧迫

 

横浜|巻き爪|足の専門サロン|アイペディ
横浜駅きた西口 徒歩6分、神奈川駅 徒歩2分、反町駅 徒歩6分