横浜 足専門サロン アイペディ お客様の声

巻き爪が痛くて訪問医療など歩く仕事に支障が。最初の1回で施術で普通に歩けるようになりました。
病院は疾患の「治療」、ケアはサロンで。

4回でほぼ改善し
その後はケアのため月イチで通っています

常田陽子さま 40代 開業医 横浜市 
2015年6月に初来店

どのような足のお悩みがありましたか?

私は開業医で在宅訪問治療も行っていますが、巻き爪が進行して痛みがひどくなり、長い距離が歩けなくなってしまったんです。歩けないと仕事になりません。在宅往診にサンダルで行くわけにはいきませんし、学会にも出席するので、きちんとした靴も履けないと本当に困ってしまうんです。

当店を選んでいただいた、決め手は何でしたか?

現役の医師である私が、病院ではなくフットケアサロン「アイペディ」を選んだのには大きく3つの理由があります。

1:完全予約制
一番の理由は完全予約制で待ち時間がないことです。自分も医師なので、医療機関は自分の休みと重なってしまうことが多く、休みの日に通うのが難しい。仕事が終わってからでは病院は閉まってしまうし、待ち時間が多いので仕事の合間に行くのも難しい。自分の都合のよい時間に予約できて「通い続けられる」メリットは本当に大きかったです。

2:施術事例がたくさん掲載されていた
サイトに、巻き爪の施術事例の写真がたくさん掲載されていたことも決め手のひとつになりました。「ビフォー」→「アフター」の写真が豊富で、施術前後の変化がよくわかります。「こんな風に改善するんだ」ということがわかると安心しますね。

3:切らない・痛くないプレート法
私は12年間、透析のクリニックで働いており、糖尿病などが原因でちょっとした傷から重症化してしまう症例をみてきました。巻き爪など陥入爪のひどい患者さんもたくさんいらっしゃいました。でも当時はプレートどころかワイヤー治療も一般的ではなく、切ったり手術をする治療がほとんど。でもいざ自分が巻き爪になると、そこまで重症ではないし、切らなくてもすむ矯正をしたかったので、色々と探してみたところ、こちらのサロンでプレートでのケアについて書かれていて。ワイヤーよりも仕上がりが綺麗で、これは良さそうだ、と思い予約を入れることにしました。

糖尿病などの持病のある方は、当サロンのケアを受けられません。

実際に施術を受けてみていかがでしたか?

結果的に、最初の1回のケアで痛みが激減し、普通に歩けるようになりました。

今は症状も落ち着いているので、月に1回ぐらいメンテナンスのために通っています。爪を切って角質などをケアしてもらいながら、爪の状態を見てもらっています。爪や足のことをきっちり説明していただけるだけでなく、自分の話もじっくり聞いてもらえるのもいいですね。巻き爪は4回ほどで改善しましたが、定期的にチェックしてもらわないと、また症状が出てしまうように思います。

私が以前、勤務していた透析クリニックでは、爪や皮膚のちょっとしたトラブルが原因で壊疽になってしまったり、ひどい人は切断に至るような重症の患者さんもたくさんいらっしゃいました。でも、このサロンに来て、そういった重傷になる前……ちょっと爪が食い込んで痛い、手術や治療は必要ないけど、ほおっておくと悪化して外科的治療が必要になる、そんな「治療の手前」でできるケアがたくさんあるんだ、ということがわかりました。

これから来店される方に、ご経験からのアドバイスをお願いします。

巻き爪で悩んでいる方は、ぜひアイペディさんに相談されるとよいと思います。お医者様も「これは治療するまでもないな」と思ったら、「様子を見ましょう」という前に、アイペディさんのようなサロンに相談してはどうですか、とお勧めしてもいいのではないかと思います。

将来的には、整形外科の中のリハビリ担当である理学療法士のような位置づけでフットケアサロンのセラピストが機能するようになればいいですね。

2016年2月談